衣川製鎖工業(株)
Free:0120-19-1515
TEL:079-234-1515
car@kanamonoya.co.jp


 自動車盗難防止用具「かてーな!!AUTO」をご理解いただくため、自動車盗難の実態をご覧ください。



   ●自動車窃盗団とは

    窃盗団関連ニュース







  ●窃盗団による組織的な犯行
  
自動車盗難に備える

自動車盗難が多発していますが、その実態を知ることから
対策は始まります。ほぼ5年前の記事ですが、これがまん延して
しまったのか!!
これが盗難の常態です。

こうして始まった 
追跡!AtoZ日本発盗難自動車転売ルート NHK2010年7月24日
自動車盗難防止の切り札として官民挙げて推進してきた「イモビライザ」がいとも簡単に無効化できる解除装置が2種類紹介されてる。一つはエンジンコンピュータとイモビライザーコンピュータの合体型で配線を組み替えて使用するタイプ。あと一つは中国製の手のひらサイズの小型の赤い装置で、これが一般にはイモビカッターと呼ばれているイモビライザ初期化装置。これらイモビライザ解除装置は「ハイテク多国籍窃盗団」が使用するだけでなく、だれでも簡単に入手できることが明らかになった。イモビカッターは中国では堂々と販売され、ネットオークションで入手した日本人が犯罪に使用する事態が発生している。イモビカッターを一人で300個以上売ったとの証言や、また、イモビライザはもはや有効な盗難防止対策でないとの英国人証言もある。盗難自動車の行方を追って、国際的な自動車窃盗団の実態が明らかになった。
イモビライザ瞬時に無効 2010年3月6日中日新聞  
自動車盗難防止のための電子キー「イモビライザ」の機能を瞬時に無効にできる「イモビカッター」と呼ばれる装置を、愛知県警が高級車窃盗団のメンバーと思われる男から押収していた。無効にするのに十数秒と掛からず、簡単に高級車を盗む手口の出現で、自動車メーカーは盗難防止装置の再考を迫られることになりそう。
窃盗ハイエースの解体拠点 兵庫県内8カ所捜索
2009年11月26日
トヨタ社製のワゴン車「ハイエース」の窃盗事件で、兵庫、大阪など7府県警は「ヤード」と呼ばれる解体作業場など兵庫県内8カ所を一斉捜索した。県警などは日本人も含め計43人逮捕しており、供述などから、ヤードを突き止めた。ハイエースの被害は08年8月からの約1年間に5府県で約500台(被害総額約5億7000万円)。県警などは、解体後の部品が神戸港や大阪・南港などからアフリカや中東などに輸出され、現地で組み立て直されていると見ている。
対策のポイントをどこに置くか
盗難防止のための対策をどこに置くかで、必要となるカーセキュリティ製品(盗難警報装置・盗難防止装置)も変わってきます。
また、駐車している場所・環境により有効な対策も変わってきます。
さらに車種により実施できる対応策も変わります。
貴方の愛車を盗難から守るベストな方法を検討し、対応する必要があります。
イモビカッターを使用する窃盗団の犯行に対応できるイモビカッター対策が強く求められます。
  
平成26,27年の犯罪情勢平成28年1~12月犯罪統計(確定値)による
自動車盗難件数の減少については、官民挙げてのイモビライザの装着キャンペーンが大きな効果をあげていると思われます。
しかし、少し詳細に検討してみると色々と実態もわかり疑問も出てきます。

社団法人日本損害保険協会 2016年11月盗難事故実態資料より
上日本損害保険協会2016年11月調査では、自宅や契約駐車場で76.7%、通勤先で8.7%と実に85.4%が駐車場で発生しています。窃盗犯は対象とする自動車の情報をしっかりと掴んでから実行に移していると考えられます。

 平成28年1~12月犯罪統計(確定値)より(Excelファイル)
平成28年の県別自動車盗難件数で、この数年来、断トツトップであった愛知県が何故か4位に転落?(好転)、上位3県茨城・大阪・千葉は極めて接近しており、どこがトップでもおかしくはありません。
自動車盗難多発県の
上位5県で全盗難件数の59.7%が発生しています。平成27年ワーストワンの愛知県の自動車盗難件数は2,205件でしたが、28年は1349件と856件の減少です。今後この傾向が続くのか、又は、元に戻るのか。非常に気になる所です。

イモビライザの効果により(と思われます)、イモビライザ装着車以外に被害が及んでいるため、以前のように高級車だけでなく幅広い車が盗難の被害にあっています。
社団法人日本損害保険協会の2016年11月調査では、盗難車の被害は、初度登録から平均6年7ヶ月となっています。44.3%の車が5年以上経っています。被害に遭うのは新車とは限りません。
それでも、盗難被害の多い車種は歴然としてあるというのが実態です。
車種別の全国盗難多発車種と盗難多発上位県の内、車種別を公表している愛知と大阪の車種はこのようになっています。

順位 盗難多発車種 
全 国 愛 知 大 阪
ハイエース
ランドクルーザー
プリウス
ランドクルーザー
クラウン
クラウン
セルシオ
プリウス
レガシイ
クラウン
セルシオ
セルシオ
プリウス
ハイエース
ハイエース
キャンター ワゴンR
ワゴンR
エルフ
インプレッサ
キャリー

インテグラ
マークX

ハリアー
エルフ
10 ハイゼット
ムーブ
車種別全国2012年資料、愛知2012年大阪2012年

上表は日本損害保険協会2016年11月調査の車種別盗難件数です。7年間盗難連続ワーストワン不動の地位にあったハイエースが2014年よりプリウスに変わり、そのままの状態が2016年も継続しています。
ワースト4車種は前回調査と同じ顔ぶれ、3年連続同じ順位で、第3位がランドクルーザー第4位がアクアです。
4車種で全体の52.3%を占めており、特定車種に盗難被害が集中しています。
販売台数最上位のプリウス、アクアの盗難件数がある程度上位に来るのは理解出来ますが、ランドクルーザーの盗難件数が例年、最上位群に来るのは、徹底的にマークされているため、と考えるべきと思われます。駐車環境を配慮しながら、最適な盗難防止対策の検討がもとめられています。
※ランドクルーザーは2012年には愛知で593台盗難され、全国の盗難台数1,085台の実に54.6%が愛知で盗難されました。ランドクルーザーの盗難率は2013年で3.9、プリウス0.8ですから、一番盗難件数の多いプリウスの4.9倍です。
※日本損害保険協会2016年11月調査の車種別盗難件数
車種別盗難率(古い資料ですが公式に発表されたものが、見当たりませんので参考に)
車 名 (通称名) 盗難率(千台比) 増減・備考
2004年 2003年
ランドクルーザー 8.8 7.1 1.7
ハリアー 7.6 2003年は千台未満
RAV4 5.4 2003年は千台未満
セルシオ 4.5 7.0 △2.5
グロリア(グロリアシーマ含む) 3.5 03年はグロリアセドリック合計
スカイライン 2.9 3.6 △0.7
メルセデスベンツ 2.1 2.3 △0.2
ハイエース 1.9 2.2 △0.3
クラウン 1.7 2.3 △0.6
エルフ 1.3 2.8 △1.5
全車種平均 0.7 03年は軽自動車を除外
05年警察庁資料による 
注1 盗難率は、盗難台数を(社)日本自動車工業界推計の保有台数(2003年末)で割り1000を乗じたもの。なお、全車種平均の盗難率については、全車種の盗難台数の合計(約5万2千台)を2004年末の保有台数約7,500万台で割り算したもの。
注2 当該データは未遂等を含まないため、犯罪統計における自動車盗難認知件数と異なる。
          
   ●イモビライザで安心か?   盗難事故多発県で、しかも
  盗難事故多発車
に乗っている。
   
でも、イモビライザ付きだから安心です」と言えるか。

                                 
戻る  続きは

  会社案内 特定取引法に基づく表記 プライバシーポリシー