衣川製鎖工業(株)
Free:0120-19-1515
TEL:079-234-1515
car@kanamonoya.co.jp


 自動車盗難防止用具「かてーな!!AUTO」をご理解いただくため、自動車盗難の実態をご覧ください。



   ●自動車窃盗団とは

    窃盗団関連ニュース







  ●窃盗団による組織的な犯行
  
自動車盗難に備える

自動車盗難が多発していますが、その実態を知ることから、対策は始まります。
2010年の記事がスタート、これがまん延、更に新たな手口も。!!
これが盗難の実態です。

こうして始まった 
追跡!AtoZ日本発盗難自動車転売ルート NHK2010年7月24日
官民挙げて推進してきた自動車盗難防止の切り札である「イモビイザー」が数十秒で簡単に無効化できる解除装置が2種類紹介されてる。一つはエンジンコンピュータとイモビライザーコンピュータの合体型で配線を組み替えて使用するタイプ。あと一つは中国製の手のひらサイズの小型の赤い装置で、一般にイモビカッターと呼ばれているイモビライザー初期化装置。これらイモビライザー解除装置は、だれでも簡単に入手でき中国では堂々と販売されている。ネットオークションで入手した日本人が犯罪に使用する事態が発生している。イモビカッターを一人で300個以上売ったとの証言や、また、イモビライザーはもはや有効な盗難防止対策でないとの英国人証言もある。盗難自動車の行方を追って、国際的な自動車窃盗団の実態が明らかになった。
イモビライザ-瞬時に無効 
2010年3月6日中日新聞  
自動車盗難防止のための電子キー「イモビライザ」の機能を瞬時に無効にできる「イモビカッター」と呼ばれる装置を、愛知県警が高級車窃盗団のメンバーと思われる男から押収していた。無効にするのに十数秒と掛からず、簡単に高級車を盗む手口の出現で、自動車メーカーは盗難防止装置の再考を迫られることになりそう。
窃盗ハイエースの解体拠点 兵庫県内8カ所捜索 2009年11月26日
トヨタ社製のワゴン車「ハイエース」の窃盗事件で、兵庫、大阪など7府県警は「ヤード」と呼ばれる解体作業場など兵庫県内8カ所を一斉捜索した。県警などは日本人も含め計43人逮捕しており、供述などから、ヤードを突き止めた。ハイエースの被害は08年8月からの約1年間に5府県で約500台(被害総額約5億7000万円)。県警などは、解体後の部品が神戸港や大阪・南港などからアフリカや中東などに輸出され、現地で組み立て直されていると見ている。
スマートキー悪用の新しい手口 2018年3月
     参考https://www.youtube.com/watch?v=VZcIVjCxei0
    スマートキーやスマートカードにより、更に便利で使いやすくなった現在の車。ただ、この便利さを可能にしているのは微弱な電波・信号です。この微弱な電波を拾い増幅し、離れた場所に飛ばし、車両のそばで受信し、ドアロック解除、エンジンをスタートさせるという新しい窃盗の手口が発生しています。
この対策:スマートキーなどから出ている微弱な電波を遮断するには金属で覆えば良いとのことですから、金属ケースに入れたり、電波遮断ポーチに入れて、すぐに実行すべきと思います。ご確認は自己責任で!
   対策のポイントをどこに置くか
盗難防止のための対策をどこに置くかで、必要となるセキュリティ製品(盗難警報装置・盗難防止装置)も変わってきます。また、駐車している場所・環境により有効な対策も変わってきます。さらに車種により実施できる対策も変わります。
貴方の愛車を盗難から守るベストな方法を検討し、対応する必要があります。
イモビライザーやスマートキーに対する信頼性が大きく揺らぎ、物理的な盗難防止対策を検討、採用に踏み切る方が増えています。
  
平成29年1~12月犯罪統計(確定値)による
自動車盗難件数の減少については、官民挙げてのイモビライザの装着キャンペーンが大きな効果をあげていると思われます。
しかし、少し詳細に検討してみると色々と実態もわかり疑問も出てきます。

社団法人日本損害保険協会 2017年11月盗難事故実態資料より
上日本損害保険協会2017年11月調査では、自宅や契約駐車場で81.0%、通勤先で6.5%と実に87.5%が駐車場で発生しています。窃盗犯は対象とする自動車の情報をしっかりと掴んでから実行に移していると考えられます。

平成29年1~12月犯罪統計(確定値)による
この数年来、断トツトップであった愛知県が平成28年の県別自動車盗難件数で、4位に好転、29年も何故か4位に、上位2県茨城・大阪は極めて接近しています。
自動車盗難多発県の
上位5県で全盗難件数の57.2%が発生しています。
ワーストワン常連の愛知県が28年より29年も第4位に、愛知県警を始め、関係者の皆様のご努力の賜物と思われます。

2017年11月の日本損害保険協会の契約金額別被害状況によると、300万円以上の被害件数が27%を占め、高級車がターゲットになっている様が明らかになってきています。
社団法人日本損害保険協会の2017年11月調査では、盗難車の被害は、初度登録から平均7年10ヶ月となっています。50%の車が5年以上経っています。被害に遭うのは新車とは限りません。
ただ、下の車種別盗難状況でも判るように盗難被害の多い車種は明確です。
いかに対策を行うかが問われていると思います。

上表は日本損害保険協会2017年11月調査の車種別盗難件数です。7年間盗難連続ワーストワン不動の地位にあったハイエースが2014年よりプリウスに変わり、2017年も継続しています。
2017年の最大のポイントはランドクルーザーがハイエースを抜いてワースト2位になったことです。販売台数で比較すると数分の一のランドクルーザーが2位に来るのは、徹底的にマークされている事と新たな窃盗手口が登場している事などによると思われます。また、一覧には「レクサス」としか表示がありませんが、この中にランドクルーザー類似タイプのLX570がどの程度含まれているかによりランドクルーザータイプ全体の盗難件数が大きくなると思われます。
上位5車種で全体の57.9%を占めており、特定車種に盗難被害が集中しています。
駐車環境を配慮しながら、最適な盗難防止対策の検討がもとめられています。
※日本損害保険協会2017年11月調査の車種別盗難件数
車種別盗難率(古い資料ですが公式に発表されたものが、見当たりませんので参考に)
車 名 (通称名) 盗難率(千台比) 増減・備考
2004年 2003年
ランドクルーザー 8.8 7.1 1.7
ハリアー 7.6 2003年は千台未満
RAV4 5.4 2003年は千台未満
セルシオ 4.5 7.0 △2.5
グロリア(グロリアシーマ含む) 3.5 03年はグロリアセドリック合計
スカイライン 2.9 3.6 △0.7
メルセデスベンツ 2.1 2.3 △0.2
ハイエース 1.9 2.2 △0.3
クラウン 1.7 2.3 △0.6
エルフ 1.3 2.8 △1.5
全車種平均 0.7 03年は軽自動車を除外
05年警察庁資料による 
注1 盗難率は、盗難台数を(社)日本自動車工業界推計の保有台数(2003年末)で割り1000を乗じたもの。なお、全車種平均の盗難率については、全車種の盗難台数の合計(約5万2千台)を2004年末の保有台数約7,500万台で割り算したもの。
注2 当該データは未遂等を含まないため、犯罪統計における自動車盗難認知件数と異なる。
          
   ●イモビライザで安心か?   盗難事故多発県で、しかも
  盗難事故多発車
に乗っている。
   
でも、イモビライザ付きだから安心です」と言えるか。

                                 
戻る  続きは

  会社案内 特定取引法に基づく表記 プライバシーポリシー